DXS(デラックスシリーズ)

シンカリオンDXS13「ブラックシンカリオン 紅」4298円で買ってみた!

 

シンカリオンアニメ55話でキレイサッパリ黒いマスクが取れたセイリュウ。

アンチョン
アンチョン
このマスク、硬い素材だったんだ!?

 

そして2019年2月2日、

彼の乗っていたブラックシンカリオンが「ブラックシンカリオン 紅」へと姿を変え、ついにDXSに登場です!

 

 

まずは「紅」という漢字一文字のネーミング、非常にナイスですね!

これだけでインパクト抜群、生まれ変わったセイリュウが乗るシンカリオンとしてこの上ないタイトルだと思います。

ニャーイ
ニャーイ
ブラックなのに紅とはこれ如何に
アンチョン
アンチョン
あ、アメリカ人だって、ブラウンさんとかいるけどジッサイ茶色くないでしょ? それと一緒よ!

 

 

そして箱の裏面にこんな説明書きを見つけました。

「剣技はバーサーカーをも凌駕する」ってマジですか~!

あれ以上強くなったらさらにツラヌキの出番なくなるから勘弁して下さいッ!

 

ではいつも通り、シンカンセンモードから見てみましょう!

驚異の3モード変形は健在!…なんかブラックシンカリオンより威圧感あるんですけど?

シンカンセンモード

 

前回の「DXS08 ブラックシンカリオン」は中間車両に電動ユニットがありましたが、今回はありません。プラレールの上で走らせたい場合は電動ユニットの組み替えが必要ですので注意して下さい。

 

先頭車中心の全体像。

形自体はブラックシンカリオンと変わらず。ただ塗装が黒から紅に変わっただけのようですね。

原色の赤ではなく渋いワインレッドに染まった、まさに口紅を思わせる大人のカラーリングが光ります。

 

後尾車のアップ。

全車両の金色の部分はプラスチックではなく硬質ゴムで出来ています。肌触りが良く、刺されても痛くありませんので子供にも安心です!

 

シンカリオンへの変形

それではシンカリオンへチェンジしてみましょう!

 

まずは先頭車がいつも通りの上半身へ変形。

 

ニャーイ
ニャーイ
ぬぎぎぎ… 頭のフタが開かないぞ?

 

頭を出す時は焦らないで下さい。ハッチ部分を指で強引に前へ出そうとしてはいけません。

この車両底の胴体部分を下ろせば…

 

 

ハッチが勝手に前にズレてくるようになっています。

 

この状態で背中にあるボタンを押せば頭が簡単に出ますよ

この最新鋭のオモチャにパワーは必要ありませんからね。説明書を見てゆっくり組み立てましょう!

ニャーイ
ニャーイ
猫の手は借りる必要ないってか。時代も変わったもんだぜ…

 

次に下半身。

後尾車の変形方法もいつも通りですね。

 

パカッと2つに割って膝を伸ばし、つま先を出すだけで完成となります。

 

これらの上半身と下半身を合体させて、付属のダークカイサツソード紅を持たせると…

「ブラックシンカリオン 紅」の完成!

うはぁ… 二刀流の紅、やっぱカッコイイ。

高い素早さで剣をブンブン振り回しそうですね!

 

そしてこちらが付属のヘッドギアをつけて先頭車のハッチを下げたデスグランクロス発射の瞬間。

ん~個人的にはヘッドパーツ無しがいいかな?

アンチョン
アンチョン
うん、ちょっと会社のWi-fiアンテナみたいでアレだしね

 

 

ではこのままバーサーカーモードへ変形してみましょう!

 

バーサーカーモードへの変形

 

今回は「E3アイアンウィング」とこの「紅」のキャンペーン特典でついてきた、こちらのバーサーカーパーツを使用します。

オモチャ屋でDXS買った際、自分から「キャンペーン特典下さい!」と言わないともらえないお店もあるようです。

忘れずに言ってゲットしましょう!

ニャーイ
ニャーイ
レジのおばちゃんはシンカリオン特典なんて知ったこっちゃないからな、こっちからグイグイ行くんだ!

 

 

まずはつま先にドラゴンのツメを装着。

 

ヒザ横にダークミサイルポッド、

 

両腕にダークフミキリガン、

 

2つに分解したドラゴンヘッドを両肩に、

 

バラしたフミキリシュリケンはウィング根元にとりつけ、土台と一緒に紅の背中にはめ込めば…

 

シンカリオン紅、バーサーカーモードの完成!

…アンタ本当に味方なの?

 

と思いたくなる程の凶悪な武器の多さ。

そして相手を威圧する深い紅色…。

私も作っている間チビりそうになり、数回トイレに行きました。

アンチョン
アンチョン
パパ、単にトシとっただけヨ

 

 

ヘッドギアはキャンペーンが金色、DXS付属品が紅です。

紅だと統一感がありますね。

この辺は個人の好みで良いかと思います。

 

いやしかし実際目の前にしてみると、ドクターイエローはデカすぎて凄かったのですが、バーサーカーモードはまた違ったオーラがありますよ。

何て言うか、ドクターイエローには一撃でひねり潰されそうなのに対して、バーサーカーモードには八つ裂きにされそうな感じ。

 

いやはやこんなロボが4000円前後で手に入るとは… 恐れ入りました。

ニャーイ
ニャーイ
もうおなかいっぱい。ごちそうさま

 

 

しかし紅はこれで終わりではありません!

さらに驚愕の「ドラグーンモード」があるのです…!

 

ドラグーンモードへの変形

 

後尾車をシンカンセンモードに戻し、フミキリガンを両脇に取り付けます。

 

さらにカイサツソードを外側へ。

 

中間車にはウィングとドラゴンのツメを取り付けます。

 

ドラゴンヘッドの下アゴにヘッドパーツをつけ、ミサイルポッドは噛み合わせて一つに。

 

ドラゴンの上アゴを戻し、ミサイルポッド、フミキリシュリケン土台の順に重ねていきます。

 

それを中間車両につけると…

うわ、もうこの時点でヤバイ。震える…

手じゃなくて、心が。

 

それを先ほどの後尾車両とリンク。

立派なドラゴンができあがりました!

もうね、実際に組み立てていくと存在感ありすぎて「ここらで勘弁してください」って言いたくなってきます。

 

 

まぁそんな泣き言も言ってられないので、いよいよ乗車して頂きましょう!

 

中間車両のハッチを指で開けて…

 

上半身を乗せ、竜騎士の証・ダークシャリンドリルを装備すれば…!

ドラグーンモード紅の完成となります!

 

ぐほおぉ〜、カッコええ~!

もうこの姿は圧巻すぎてカッコイイ以外に形容する言葉がありません…。

 

横から見た図。

 

正面から見た図。

ホント今にもドラゴンレールアタックされそうで怖い…。

欲を言えば、ドラゴンの目は黄色のシールくらいあっても良かったかも知れませんね。

アンチョン
アンチョン
そこまでキャンペーン特典に要求するのは無理よ

 

 

というわけで、いや~今回のDXSも凄かった!

我が家の息子は「ブラックシンカリオンは怖い!」と言うので購入していなかったんです。

しかしもうこれだけで大満足。いろいろ武器を組み合わせて遊んでくれています。

 

カラーがおめでたい紅ですから、お子さんの進級・進学のお祝いにも良さそうですね。

まだまだアニメのシンカリオンは続きますから、これを機会にプレゼントしてみては如何でしょうか!

 

 

※E3のキャンペーン特典は終わっている可能性があります。パーツが見つからない場合はオークション等で手に入れて下さいね。

 

お読み頂きありがとうございました!

 

コメントあればどうぞ!