イベント行ってみた!

「プラレール博 in TOKYO 2019」へ行ってみた! 時代の節目もシンカリオンで決まり!

間もなく時代は平成から令和へと移り変わろうとしている2019年4月30日。

 

天気も悪いし季節外れのインフルエンザも再来中。

さらにゴールデンウィーク中とはいえ、10連休に縁の無い人はいちおう平日なわけで

 

こんな日に外出する人はいないだろうと高を括って行ってきました!

 

「プラレール博 in TOKYO 2019」!

 

毎年池袋で行われるこのイベント。

去年は朝早くから1時間以上並んた苦い思い出が頭をよぎります。

容赦なく降り注ぐ灼熱の太陽は息子の体力を奪い、「帰りたい帰りたい」とグズって仕方なく、絶対に再来することはないと誓ったこのイベント(笑)。

 

しかし1年も経つと親子ともにそんな感情も失せ、今日は空いているであろうという一縷の望みにかけ再び池袋へと足を運んでしまったわけであります。

 

そんなプラレール博ですが、今日はその混雑状況とシンカリオンのステージショーを中心にレポートいたします!

 

※てっちゃんや、きかんしゃトーマスの紹介はほとんどありませんのでご了承下さい!

 

ゴールデンウィークの風物詩と言えばプラレール博! 今年はシンカリオン目当てで行ってみた!

場所・料金

場所はJR池袋駅から徒歩15分ほどのサンシャインシティ。

いつも人通りで賑わう「サンシャイン60通り」を歩くだけで到着します。

 

大人だけで歩くなら10分くらいですが、子供連れなら途中でコンビニやらゲーセンやらの誘惑があるのでこのくらいかかると思います。

 

入場料金は大人1000円、子供800円。

コンビニなどで売られている前売り券なら100円引きとなりますが、当日用の前売り券は当日販売されません。

行こうと決めた方は前日までに購入しましょう!

 

私は当日の朝まで行く気が無かったので、会場で当日券を手に入れました。

なお、前売りの販売状況によっては当日券は無くなる可能性があるとのこと…。ここまで来て入れなかったらお子様ギャン泣き間違いナシなので、万が一に備え5月3~5日(赤い日)は前売りで手に入れておくことをオススメします!

 

混雑状況

さて午前11時に会場に到着した我々ですが、1時間10分待ちで入場となりました。

 

やはりこんな日でもかなり混んでますね。もはやゴールデンウィーク中は空いてる日は無いと言って良いかもしれません。

朝から来ようが昼から来ようが、楽して入場することは不可能と思いましょう。

 

 

こちらは会場内ロビーの様子。

 

ロビー前では入場券を持っている人へ整理券を配布していました。これがあれば待ち時間を利用してロビーで雨宿りをしたり、サンシャインの中で食事をしたり、ナンジャタウンへ行ったりで時間をつぶすことが出来ます。

これは子連れにはありがたいですね!

 

続いて会場内の様子。

はぁ…。

ため息しか出ない人ゴミ。当然ながらどのアトラクションも多くの人だかり。40~50分待ちは覚悟した方がよいです。

まぁ今回の我々の目的はシンカリオンMkⅡに会うことでしたので、並ぶことはありませんでしたけど(笑)。

 

超でかっ!プラレールトンネル

プラレールは今年で60周年を迎えてのイベント。

目玉である「超でかっ!プラレールトンネル」くらいはブログに書きたいので、行列覚悟で行ってみました。

トンネルまでの待ち時間は約20分。

 

これはタカラトミー、本気出してきましたね。

 

上も下もプラレール。

 

ざっと見た感じ、レール・橋脚・電車など合わせて数十万個はプラレールを使用しているのではないのでしょうか。

 

どこを見ても今までにないスケールのジオラマばかりです。

 

しかしトーマスとてっちゃんを卒業した我が息子は大して興味を示すことなく、サクサク進んでシンカリオンゾーンへと向かいます。

アンチョン
アンチョン
入場料の半分以上は損している行動ね

 

シンカリオンゾーン

大変お待たせしました、ここからが今日のブログの真の始まりです!

 

シンカリオンゾーンに入ってまず目にするのはDXSを使用して作ったミニジオラマ!

 

レイルローダーを囲んで団らんするシンカリオンたち。

 

超進化研究所ではさっそくMkⅡも待機していますね!

 

その隣には全DXSが並べられたショーケース。

 

お値段もしっかり定価で記載されており、最後の物販ゾーンへ向けて抜かりはありません。

 

おなじみのシンカリオンと写真が撮れるコーナーもあり、今回はE6・N700A・E7が来ていました!

 

そして斬新なのはE5・E6・E7の武器を持って写真が撮れるコーナー。

こちらの待ち時間は約25分で大人気です。

 

どれかひとつだけと言うわけではなく、一度並べば三体分の写真を撮ることが出来ます。

 

これはお子さん喜ぶこと間違いなしです!

 

ではいよいよシンカリオンMkⅡが登場する「プラレールステージ」へ行ってみましょう!

 

プラレールステージ

ステージが始まる時間は日によって違いますが、この日は1時間に1度づつ行われていました。

 

時間になると、まずはてっちゃんとセリナお姉さんが登場してご挨拶。

 

そして特別協賛のパナソニックから、エボルタ君が宣伝に登場!

自身の武勇伝をこれでもかと我々の脳裏に焼き付けてきます。

 

そして人々が飽き始めたところで、トドメの車掌さん登場!

子供たちの落ち着きがなくなる中、プラレールの歴史について熱く語ってくれました!

 

ゆるキャラ三体と戯れること15分、いよいよシンカリオンステージの時間です。

 

場内のチビッ子たちがセリナお姉さんと一緒に叫びます。

 

「チェンジ!シンカリオン!」

 

すると…!

きっ、来ました「E5はやぶさMKⅡ」!

てっちゃん登場時には無かったチビッ子たちの大歓声が沸き上がります! シンカリオン人気の高さがわかりますね!

 

そして、これは… 目、目が光ってるゥ!

着ぐるみも更なる進化を遂げているようで何よりです!

 

しかしのっしのっしと重たい体をゆらしながら慎重に歩くのは変わらず(笑)、よっこいしょと言わんばかりにこちらを向いて手を振ってくれます。

ニャーイ
ニャーイ
転んだら全部バラバラになるんちゃうか …

 

そしてこのコーナーでは、MkⅡからシンカリオンを知らない人には激ムズな問題が2問出題されました!

この後行く予定の方は予習しておくとセリナお姉さんも進行しやすくなって喜ぶと思いますよ!

 

クイズに全問正解されて気をよくしたサービス精神旺盛なMkⅡ、チビッ子達へ決めのポーズも披露してくれます!

ステージ右・左・中央の順にゆっくりと移動してポーズを決めていくMkⅡ、一生懸命な様子が伝わってきます(笑)。

 

しかし楽しいひと時も束の間、突然ステージ上が真っ赤に染まり、巨大怪物体出現を知らせるアラームが鳴り響きます。

これにはセリナお姉さんもビックリ仰天!

 

急いで現場へ向かわなくてはならないシンカリオン、みんなに手を振ってお別れとなりました。

さようならMkⅡ!

 

ズシーン

 

ズシーン…

 

この去り際の沈黙が何とも言えずシュールでした!

 

物販コーナー

最後にシンカリオングッズの物販コーナーも見ておきましょう!

 

販売しているグッズは主にDXSと文房具、入浴剤など。

 

最近オモチャ屋ですっかり見かけなくなったDXSドクターイエローも大量に売られています!

買えなくて困っている方はこちらでどうぞ。しっかり定価ですが…。

 

その他の販売状況は、E6売り切れ、E3残りわずか、N700Aと紅は大量…

 

E7残りわずか、800大量、ビッグ基地ボックス大量という状況。

人気のはやぶさ系やブラックシンカリオンは値札すらなかったところをみると、これは在庫処分セールな気がしないでもない物販コーナーでした(泣)。

ニャーイ
ニャーイ
最低でもMKⅡは置いといて欲しかったな
アンチョン
アンチョン
人気のバロメーターがここでわかるようで複雑ね(笑)

 

まとめ

以上、「プラレール博 in TOKYO 2019」の様子をお伝えしました!

行かれない方へ少しでも雰囲気がお伝えできれば幸いです。

 

ただ、この後行かれる方は前売り券を購入してから行くことを切にオススメします。

そして、会場に付いたら速やかに整理券をもらい、待ち時間を利用してサンシャイン内のレストランで昼食をとること。

レストランも同じ考えの人が行列を作りますから、開店の11時前には食べたいものを決めておくと良いでしょう。

 

後手に回ってしまうと待つだけでくたびれてしまいます。サンシャイン60を丸ごと楽しむつもりでお出かけ下さい!!

 

お読み頂きありがとうございました!

 

コメントあればどうぞ!