グッズ収集

「シンカリオンスタンプラリー in 東北」攻略【2日目】 青春18きっぷが通用しない「第三セクター路線」とは?

 

正月からの連続企画としてお届けしております、

「シンカリオンスタンプラリー in 東北」

の攻略記事3回目!

 

今日はラリー中盤、2日目の様子をレポートしたいと思います!

アンチョン
アンチョン
いよいよ雪国どまんなか!  どんなトラブルがパパを襲うのか非常に楽しみ!

 

二日目は雪国めぐり! 冬景色が美しい東北地方はローカル14時間乗り続けても飽きない旅でしたヨ!

1.二日目のスケジュールと目標

 

二日目の予定はこちら!

 

乗換時間 駅での行動
秋田駅 5:30スタンプ押印予定(スタンプ3つめ、アクスタゲット
新青森駅 29分 11:45スタンプ押印予定(スタンプ4つめ、アクスタゲット
盛岡駅 24分 16:45スタンプ押印予定(スタンプ5つめ、アクスタゲット
一ノ関駅 27分 スタンプ押さずスルー
仙台駅 引換所営業時間外のため翌日持ち越し

 

本来ならば秋田駅始発が5:27にあるのでそれに乗るつもりでしたが、昨日ゲットできなかった秋田アクスタのため、引換所の開店を待つ必要があります。

 

秋田駅の引換所が開くのはその始発ギリギリアウトの5:30…

 

他の引換所開店時間と比べたら秋田駅Newdaysはまだ早い方ですが、このせいで5:30から7:28までの約2時間を秋田駅で潰さなくてはなりません。

ニャーイ
ニャーイ
地方のローカル線は1本逃すと厳しいぜ…

 

…とまぁ出鼻はくじかれますが、朝から嘆いていても仕方ないですからね。

 

とにかく今日の目標は秋田と新青森、そして盛岡のアクスタ3個ゲット。

 

2日目は、この難関3県のアクスタを絶対に取りたいと思います!

アンチョン
アンチョン
盛岡~仙台間も合計4時間はかかる…。何もトラブルなければ仙台まで歩を進めておきたいところね

 

 

2.美しきアキタぐんの故郷

5:30、秋田駅改札前のNewdaysが開店。

 

 

急ぐ必要はまったくありませんが、速やかにスタンプを押して秋田のアクスタゲットです。

ニャーイ
ニャーイ
秋田駅のスタンプ台とNewdaysの距離は改札を挟んで30mくらいだからわかりやすい!

 

それでは出発まで約2時間、駅構内からの雄大な奥羽山脈をBGM付きでお楽しみ下さい(笑)。

アンチョン
アンチョン
あーあーあああああ―ああー♪(北の国から)

 

 

よし、2時間経過!

まずは弘前へ向けて出発だぁ~!

 

この秋田~弘前間も2時間半となかなかの長距離。

 

しかし雪国の樹氷の美しさに目を奪われ、時間が過ぎるのはあっと言う間でした。

 

こうしていると、アキタぐんが一人でライフルさ撃ってた時の気持ち…

 

私にも少しわがる気がします…

 

東京さ来て、友達さできて

 

みんなでシンカリオンさ乗れて

 

本当に良かったべなぁ…

 

アンチョン
アンチョン
奥羽本線車内で雪見て泣いてる男を見かけた方、それはネコパパです
ニャーイ
ニャーイ
これが人生最初で最後の秋田旅行だろうしな。そう思うと切ないぜ

 

 

2日目 10:02 弘前駅着 

 

この弘前駅での乗換時間はたっぷり55分!

そうとなれば改札を出て物色開始です。

 

青森といえばやはりリンゴ。

 

これまたすんごい蜜入りリンゴですね。

出店のおばちゃんが

「レントゲン撮って中の蜜を確認した」

と豪語していたので間違いないのでしょう。

 

その言葉を信じ、お土産に1個購入!

 

喫茶店で軽く体を温め、いざ新青森へ!

 

 

2日目 11:34 新青森駅着 

 

ついに… ついにやってきましたよ。

本州最北端、今回のスタンプラリーの折り返し地点!

ニャーイ
ニャーイ
人生初の青森も東京からローカルで来るとは思わなかったな

 

アクスタ引換所のNewdaysは、賑やかなお土産屋が並ぶこの「旬味館」の中にあります。

 

順調に3個目のアクスタゲット!

 

 

ところで青森と言えばねぶた祭が有名ですが、

 

訪れた時期も時間も違うので今回は当然ながらパス。次に来るときは…!

アンチョン
アンチョン
遊びに来たんじゃないんだから余計なことは考えなくていいの。これは命をかけたスタンプラリーなんだから!

 

名残惜しいですが、新青森での猶予時間は29分。

あまりゆっくりしてもいられません。

 

再び奥羽本線で大舘駅まで引き返し、盛岡へ向かいます!

 

 

3.注意すべき第三セクター路線

ここで新青森~盛岡ルートの確認をしておきましょう。

 

これまで秋田から新青森まで奥羽本線に乗ってきました(下図橙線)。

 

今度は奥羽本線で大舘駅まで戻り、花輪線に乗り換えて盛岡を目指すわけですが…(下図黄線)。

 

少なくとも今回の私の道程では、

盛岡直前の好摩(こうま)駅から

IGRいわて銀河鉄道

といういわゆる第三セクター路線を利用しなくてはなりません。

 

第三セクター(だいさんセクター)は、第一セクター(国および地方公共団体が経営する公企業)や第二セクター(私企業)とは異なる第三的方式による法人。略称は三セク(さんセク)。

・・・

Wikipediaより

 

ニャーイ
ニャーイ
何を言ってるのか、まったくもって話が読めん(笑)

 

ざっくり説明させて頂くと、もともとはJR東北本線だったのですが、新幹線開業にともない経営分離され、現在は法人が運営している路線をさすようです。

 

当然ながらこの区間は現在JRではないので18きっぷが通用せず、乗車料金660円が取られます。

ニャーイ
ニャーイ
あ~、18きっぷの利用範囲とか調べた時に出てくる注意事項がコレか。…まぁ660円くらいならいんじゃね?
アンチョン
アンチョン
いやいや6駅で660円は結構高いわよ?

 

 

また、今回の旅では八戸駅を通る必要がないので蛇足になりますが、

太平洋側の青森~八戸~目時(めとき)間は同じく第三セクターの

「青い森鉄道」という列車が走っており、

 

これで青森~八戸~盛岡まで乗車した時の料金は

脅威の3時間、5590円!

※目時~盛岡間で「IGRいわて銀河鉄道」に乗り入れ。

 

これに乗ってしまうと青春18きっぷの1日2410円という格安メリットが一瞬で吹っ飛びますので、間違えても乗ってはいけません。

 

ていうか、これに乗るくらいなら

新幹線の方が料金ほぼ変わらず早いです(新青森~盛岡1時間、5720円)。

 

どうしても八戸駅で発音ミクのスタンプが欲しい人、

または各駅停車のロマンを求める人以外は新幹線の利用をオススメします!

ニャーイ
ニャーイ
こりゃスタンプコンプリートを狙っていたらと思うと改めて交通費が恐ろしいな
アンチョン
アンチョン
…アクスタだけを狙ったこの18きっぷの旅、不思議と理にかなってる気がしてきたわ

 

4.目標達成!

2日目 13:26 大舘駅着 

そんなわけでいよいよ復路、大舘駅に到着。

 

どうやらここ大舘駅は、忠犬ハチ公の故郷のようですね。

 

皆さんのどうでもいいという心の声が聞こえたので、イイ感じにさびれた花輪線にサクッと乗り換えて盛岡を目指しましょう!

アンチョン
アンチョン
このホームで雪に足を取られて転落しそうになったのは内緒よ

 

 

2日目 16:31 盛岡駅着 

盛岡に到着。すっかり雪も見られなくなりました。

ここの改札で先ほどの「IGRいわて銀河鉄道」料金の660円が徴収されます。

 

さっそくスタンプ押して本日最後、4個目のアクスタ!

 

これで今日の目標だったアクスタ3個すべてをゲットです!

ニャーイ
ニャーイ
今日は大したトラブル無くて良かったな

 

…ハラへった。

人ってホッとすると腹が減りますよね。

ここで私、今日は弘前駅でのコーヒーしか口にしていないことに気付きます。

 

あとはもう仙台行くだけなので、列車を一本遅らせてゆっくり食事でも取ることにしますか…。

 

この21:35に乗って仙台へ行ってもバチは当たらないでしょう。

仙台のネカフェはもう決まっているし。

ニャーイ
ニャーイ
無謀な旅に見えて宿だけはしっかり事前に決めているパパであった
アンチョン
アンチョン
旅費をとことん抑えるのはいいけど、シャワーくらい浴びなさいよ?

 

5.東北産の小麦「銀河のちから」を味わう

というわけで。

せっかく盛岡まで来たんですから、盛岡らしい物を食べたいですよね。

 

何がいいかなぁ…

ニャーイ
ニャーイ
やっぱ冷麺でしょ!
アンチョン
アンチョン
寒いからパス!
ニャーイ
ニャーイ
じゃあ、わんこそば!
アンチョン
アンチョン
開いてる店ない!

 

頭の中でそんな一人押し問答をしながら駅ビル「フェザン」の地下街を歩いていると、

銀河辣麵堂」なる魅力的なネーミングのラーメン店を発見。

 

銀河ラーメン…

ギャラクシーラーメンだと…?

なんて壮大な響きのラーメンなんだ。

 

そういえば昔、「中華○番!」という料理漫画で「ギャラクシー麺」てのがありました。懐かしいなぁ…。

 

まさかこれと同じものは出ないでしょうが、今日の夕飯は古き良き思い出を蘇らせてくれたこちらのお店に決定です!

アンチョン
アンチョン
ちなみにこのマンガのラーメンはイカスミスープでした

 

 

入店するとまず大きな看板が目に入ります。

なるほど、東北地方には「銀河のちから」という強靭なグルテンを持つ小麦があるんですか… これは勉強不足でした。

 

そして岩手は作家・宮沢賢治の出身地

彼の作品の一つである「銀河鉄道の夜」から名前が付けられたようですね。

 

ニャーイ
ニャーイ
講釈はその辺にして早く食おーぜ!

 

私は麻婆湯麵(780円)をオーダー。

やはり寒い夜は辛い麺に限りますな。

 

ズルズルモグモ… ウッ!?

 

来ました、

この四川山椒と唐辛子のシビれる辛さ

「火を吹く」という辛さではなく、口の中に静電気が発生したようなバチバチくるタイプ。中〇さんの北極ラーメンとはまた違う美味さがあります!

 

そしてこれが歯ごたえのある銀河麺に不思議と合う。

噛んでも噛んでも押し返してくるこの弾力。さすが厳しい寒さを耐えながら育った小麦は違いますね!

 

箸は止まることを知らず、スープも飲み干して一気に完食!

ラーメンを「辣麵」と書くだけある、本場四川の味わい、堪能させて頂きましたァ!

アンチョン
アンチョン
ついでに店員のおねーさんも愛想よくて最高でしたァ~!

 

 

6.東北最大の都市、仙台

2日目 21:35 仙台駅着 

 

2日目の宿はこの仙台。

今回のスタンプラリーで宿泊する各駅周辺の宿を事前に調べたのですが、ネカフェに関してはこの仙台駅と秋田駅が最もアクセスが良いんですよね。

ニャーイ
ニャーイ
山形や青森は駅から少し歩く…。 この時期は積雪がキツイからな

 

特にこの仙台は東北最大の都市と言われるだけあって、夜22時近いと言うのに駅構内・駅周辺は大勢の人で賑わっておりネカフェの数も東北最大級。

 

今回お世話になるネカフェはこちら、アイ・カフェ仙台西口店さん。

 

 

店内は広々としていて、食品の品ぞろえも豊富、シャワー完備、完全分煙ブース、軽食無料(朝は食パンとバター程度)、従業員さんの対応も丁寧。

スマホで仮事前登録しておけば入会金無料で一晩2000円程度。

 

ネカフェはここまで来たかと軽くカルチャーショックを受けること間違いなしのお店です!

アンチョン
アンチョン
楽しすぎて眠れないのが玉にキズね

 

 

それでは2日目のリザルトです!

 

スタンプ アクスタ
福島駅 1日目ゲット 1日目ゲット
仙台駅
山形駅 1日目ゲット
盛岡駅 2日目ゲット 2日目ゲット
秋田駅 2日目ゲット 2日目ゲット
新青森駅 2日目ゲット 2日目ゲット

 

ニャーイ
ニャーイ
お、イケそうじゃん!

 

昨日はどうなることかと思いましたが、とりあえず表は順調に埋まってきました。

 

 

明日の朝イチでここ仙台アクスタをゲットし、初日にスルーせざるを得なかった山形へは仙台~山形をつなぐJR仙山線を使えば何とかなりそうです。

アンチョン
アンチョン
山形へ寄らなければ3日目で鉄道博物館へ行けたかもだけど、今回は仕方ないわね

 

問題はその後大宮まで戻る時間があるかどうか。

 

それでは今日はこのへんで。

最終3日目をお楽しみに…。

 

「シンカリオンスタンプラリー in 東北」攻略【3日目】 アクスタコンプに費やした驚愕の時間と金額が判明! 在来線で行く無謀な企画! 「シンカリオンスタンプラリー in 東北」 の攻略記事4回目。 今日...

 

お読み頂きありがとうございました!

 

こちらもオススメです!

コメントあればどうぞ!